こうたのお弁当アルバム

安全安心にこだわり医師が新しいキャラ弁のカタチを提案します COOKPADレシピ連動キャラ弁シート公式サイトです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

こうたが車にはねられたこと

もう1週間以上前のことになりますが
こうたが車にはねられました

こうやって書いているわけですから どうってことなかったのですが
その時 一緒にいた主人はかなり心的ダメージを受けていたようで
記事にするのも少々気が引けました
しかし これは記事にして少しでも読んでくれる方がいた方がいいと思ったので書こうかと思います
お弁当ブログなのにお弁当記事はなしでございます


こうたの学校は バス下校または保護者の迎えという決まりとなっていて
うちは学童サークルに入っているのでお迎えを選択しています
校門前の駐車場と学校の間には見通しのよい道路があって
普段は交通量も少なく信号が必要な所ではないように思います
迎えに行く際 そこを通って駐車場に入り 今度は歩行者として同じ場所を横断して学校に入ります

車に乗っている時 横断しようとする歩行者がいれば一時停止しますが
いつも困るなと思っているのが 私が止まっても対向車に止まる気がない状況でやってきた場合
歩行者が戸惑っていること
妙な徐行をすることもあり、いっそのこと止まらなかった方が安全だったかも…と思う場合もありました

渋滞時、車が3車線の道路を右折しようとする際 手前の車が止まってくれてもその向こうの車は止まらず
追突するといったサンキュー事故とよく似た状態です

事故の前日 こうたとお友達が横断歩道で止まっていたら向こう側の車が止まってくれて
あ、止まってくれたとその人の方を見ながら 有難うの会釈をして急いで渡りはじめました
そうしたら 手前の車線には車が!
ま、その車が止まる気があったのかなかったのかはわからないといえる距離でしたが
その車にわたりながら気づいた2人は少しわたるのを躊躇しました

事故未遂というほどのエピソードでもなく 危ないですねというお話にとどまったのですが
翌日こうたが本当に事故に遭ってしまいました

幸い徐行で進入してきた車高の低い車だったので
腰(骨盤)に当たり ボンネットに跳ね上げられ頭を打ち転げ落ちてひざをすりむいたようです
父さんの絶叫にパニックになったこうたは駐車場に向かって走ったらしいです

そしてどうしようと私に電話がかかりました
どうしようというのだから 大事じゃない
大変な事故なら 救急車を呼ぶであろうし 電話の声もある程度冷静さが残っている
と私も気を落ち着かせ 色々チェックを指示して緊急性がなさそうなことを確認し
取りあえずやれやれ…

近所の診療所の先生に一応客観的診察を受けて CTは被爆のリスクの方が高いと脳外科の先生に助言してもらったので様子を見るだけにしました

跳ねた車の運転手からは何度も心配して電話をもらい
警察に届けましょうかとか きちんとした対応をしてもらったのですが
医療費がいる年齢でもないし
点数や保険の査定など 私たちが望んでいないようなペナルティもあるでしょうから
次回から気を付けてくださいとだけお伝えしました
きっと この肝を冷やした経験はその方の今後の運転にいい影響を与えるかと思います

ただ学校前の事ですし 学校には伝えました
防犯カメラもあり そんな車をチェックしようと思えばできる状況でしょうが
実際気を付けて見ていたら 止まる車なんて10台に1台いるかいないか
中には加速する車さえいます

信号のない横断歩道を渡ろうとする歩行者が立っていれば止まらなければいけないのは
交通規則なのに
マナーレベルに勘違いされていることも多いようで
そこが問題ではないかと思います

私自身も迷いを捨て 一旦停止し前から来る車が減速しなければ何か合図を送ろうと思いました
止まって相手の運転手の顔をじっと見ていても 知らん顔で通過ということが3度
こりゃ 歩行者に 渡ったらあかん と言った方が得策でしょうね

しかし収穫としては こうた自身とても気を付けるようになりました
よ~~~く確認してわたっていますよ

親は 特に父さんは思い出すたびに心が締め付けられているようで
子供を目の前で失っていたかもしれないショックがまだよみがえるようです
実際 そんな目に遭った方も世の中にはたくさんいます
そんな方が少しでも減ってほしいと書いています

こんなブログで書いたってどうにかなることではないけれど
書かないよりはましかなと!?




ランキングに参加しております
応援して下さる方は
↓下のカエルちゃんをクリックしてください(1日1回カウントされます)
にほんブログ村 料理ブログ キャラ弁へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| TOPICS | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chiccora.blog101.fc2.com/tb.php/1579-26d0e5f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT